ADSLと光回線の利用世帯

a0780_000157

 

ご家庭でインターネットを始めようとした時に

 

ADSLなら電話回線をそのまま利用できるから工事費が節約できる

ADSLの回線速度は上り最大100Mbps

 

といったキーワードが目に付いて、ADSLを選択された例が多数あります。

 

確かにADSLは工事費が安く上がり、理論上は最大100Mbpsの速度も出せる回線ではあります。

しかし速度と安定性は必ずしも満足いくものではありません。

 

特に回線速度はNTTの収容局から遠い家ほど速度は遅くなるという特性がありますので、動画視聴中に画面がフリーズしてしまって、ストレスを感じているADSLユーザーは多くいらっしゃいます。

 

こういったADSLのデメリットを背景に、光回線へと乗り換える方は年々増加しています。

平成23年度に総務省が行なった調査では、インターネットを利用している世帯のうち4割強が光回線を使って接続しています。(ADSL世帯は約1割)

 

光回線は、距離によって回線速度が落ちるということはありませんので、どのような立地条件でも十分な回線速度を得ることができます。

しかもauひかりの回線速度は、上り下りとも最大1,000Mbpsという超高速通信が可能な光ファイバーですから、動画もオンラインゲームもスムーズに楽しむことができるのです。

 

このように、回線の速度と安定性が魅力のauひかりですが、やはり工事費用がネックとなって悩んでしまう方も多いでしょう。

確かに初回引き込みの場合、一時的な費用は発生するのですが、auひかりの様々なオプションを活用することで月々のコストを抑え、長期的には工事費用を取り返すどころか、更にお得!という方法もあります。

 

例えば、ご家庭の固定電話をauひかり電話に切り替えることで、今までの固定電話契約が不要になり、auひかり電話の月額525円というリーズナブルな価格で固定電話が利用できます。

しかもキャンペーンを活用すれば、auひかり電話が無料で利用できる期間もありますので、更にお得は広がります。

 

長期的には工事費用も回収できて、しかも日々のインターネット利用で「ムダな待ち時間」が解消される事を考えると、「auひかり」への乗り換えは断然おすすめできる話なのです。